Agt.結のバイナリーログ

Agt.結のバイナリー・FXログ

バイナリー取引、FXスキャルピングの手法や取引記録をつけます。

6/19(2勝) エントリーポイント解説

6月19日のエントリー解説をいたします。

 f:id:ichihishi:20180619151532j:plain

f:id:ichihishi:20180619151542j:plain


5分足ロジックになります。画面構成を少し変えました。

取り方は一緒です。いずれも、戻し、押し目を確認して、10分トレードで取りました。5分トレードでも大丈夫そうです。

 
ワールドカップを見ながらですが、気はまぎれますが、見すぎてはいけない所もあって悩ましいです。5分の方のロジックはちょっとゆとりがもてて、ながらの時は向いてます。


地震、大変ですね。実は、震源地はそう遠くないので、私たちには完全にリアルです。被害に遭われた方もいらっしゃいますので、コメントは控えめにいたします。

憧れの、矢印シグナル手法現実化

昨日は、手法のブラッシュアップをしていました。

先週負けた理由を分類して、
①ルールを外していた
②ミスオペレーションだった
③ルールを見直せば、その負けはなくなるのか
④③に対してリスクはないのか(エントリー回数が負けが減る以上に減りすぎないか)
⑤いずれにしてもなくならないのか
に分けて、色々な検討を加えていました。

①はより単純なルールに、②はより操作性(画面構成とか)を検討。
一番難しいのが③④で、エントリー回数と、勝率の関係がバイナリーには非常に重要だからです。

安定した勝率と一定以上のエントリー回数を私たちは重視しています。
プラス、実際に私たちが稼働できる時間(スタミナ)に取り組める手法であること、チャートの見やすさなどなども大事。時間帯が決まってる手法で、代表的なものにゴトウ日トレードがありますが、あれはうまくいくことも多いのでやってましたが、やっぱり仕事中の職場でいつもできるわけではないですからね。
私達は二人でコンビを組んで手法検証や勉強をやってますが、ポジポジ病とタジタジ病の正反対コンビなので、そんな二人共ができる手法は、ある程度どんな人でもできる手法になるわけで、似てない二人で助かっています。(時々手法のことでケンカもしますが、閃きはそんなケンカからも出たり)

そしてついにですね……5分足ロジックには、前から出せるようにしたいと思っていた、憧れの矢印とアラートが付きました!
寝落ちや仕事疲れで集中力が長持ちしない私、仕事で忙しいんだから限られた時間をもっと使いたい私……私からの私へのワガママに応えるべく。
もっと! パッと判断できて安全にエントリーできる手法を目指し、昨日はポイントの見極めに、複数のインジケーターを組み合わせていたのですが、そのうちのいくらかがいい感じにまとめられまして、ついに矢印の表示、シグナル出しってやつを実現しました。

販売中の方もアップデートしますが、よくある情報商材みたいに、「矢印に従うだけでいいです!(その代わり理屈は秘密)」みたいなものではなく、矢印の根拠となる元のインジは表示したままなのでご安心下さい。
あくまで見落としが無い様に、矢印出します。
これも譲れないんですよね。何で矢印が出るのか、いつ出るのかわからないのは不安になるし手法が信頼できなくて、余計なことしてしまうので苦手です。根拠となるインジケーターが無いと、予兆(?)すらわからず、矢印が出たらあわてて画面に飛びつく、とか、ただでさえ毎日疲れてるのに神経尖らせなきゃいけないし、パソコンのペットの犬か何か、機械に使われてトレードやらされてるみたいな気分がするのも……しません? 嫌じゃないですか?

根拠のインジケーターを残しているので、「もうすぐ矢印出そうだな……」→「ハイ矢印出ました!」→「はいはいいいポイントですね〜わかってますよ〜ポチッ」みたいな感じで、やっていけると思います。
ラーメンができあがるのを待つための、キッチンタイマーみたいな感じですかね。基本は理解しているけど、麺の伸びすぎを防ぐかのごとく、トレンドの伸びすぎる前に適切なチャンスで入っていく。他の事をしてたって間に合うように。

さー、あとは、DLやココナラの写真を変えたりして、手法をご購入いただいてるユーザーさんに送って、明日の仕事の準備をして、日曜日は暮れていきます……あっという間だなぁ。

昨日の夜は、ワールドカップも見てましたー。
どちらかというと、応援しているスタンドの各国の人たちが映る瞬間が好きで、オジサンやオネエサンがスタジアムで、試合運びと一体になって喜怒哀楽してるのが楽しいです。サッカーというより、ワールドカップというイベントが好きです。
日本も活躍できるといいですね。

6/15(2勝) エントリーポイント解説(勝てるトレードとは?)

6月15日のエントリーポイントを解説します。

(検証の目安に、ロジックに含まれてないインジケーターも出してますが、お気になさらず)

f:id:ichihishi:20180616150754j:plain


オージードル/USドルで、下降の流れから、一度戻りをつけてきたところで再度の流れの中でエントリー。

やっぱりパターンですね。私のロジックは、基本「勝てる確率の高いパターン」を拾って入るロジックなので、毎度解説内容が同じでごめんなさいという感じですが。

ブログの順位もちょっと落ち着いてきましたが、トップ10入りしてるみたいで嬉しいです、もし気に入っていただけたら、ランキングバナーをぽちっとお願いしますー。

ちなみに、6月14日はFOMC発表が夜にあるということで、落ち着きのない相場だなあ→見張ってたもの夜の発表でやっぱりチャートが汚すぎて、トレードを見送りました。金曜日に向けて耐力温存だぁ……と薄れる意識の中思ったのは覚えてます。

 

勝てるトレードって何だろう、と前まで散々悩んでたんですけど、できるようになった今は、もうつまんないほどパターンだなあ、と思います。

「勝てるトレード=パターン」です。

ただトレードは奥深くて、じゃあその勝てるパターンはいくつあるのか、自分はいくつ見付けられるのか、そして資金計画をどれほどうまくやれるのか、というところがあって、まだまだ勉強したり検証したり成長する余地がたくさん残っているのですが。

知り合いのFXトレーダーで、月収がサラリーマン時代よりある状態を達成してる方は、皆さん口をそろえて言うのです。

「トレードで、ちゃんと再現性のある手法で勝ちはじめると、つまらなくなる。失敗する時も、あ、確率論的なハズレを引いただけだな、と思うだけだし、勝っても負けてもそこまで感情が動かない。あーあトレードってむしろ退屈でさー新しことやりたいよ!」

……はい、私もはじめて(手法確立前でもがき苦しんでた時に)こういうセリフを何人からか聞かされて、固い笑顔を返してしまいましたけど。このセリフを言った方達は、「お金が欲しかっただけでトレード研究したい

わけじゃないからそんな感じ」ともおっしゃってて、それが、私はちょっとわかるようになってきました。一度安定して勝てるようになってくると、チャートを見てると、パン工場で袋詰めされたパンを検品してるかのごとく、「はい、ロウソク足この形、条件1、2、3、ヨシ、合格品、エントリー」みたいな流れ作業感がでてくるので、ちょっとつまらなくなってきます。人間って贅沢な生き物です。

こうやってブログを書いたり、より良い手法になるよう検証してるとまだまだ楽しいのですが。

 

以下もっとざっくばらんに雑談ですけど、ふと最近思ったことがありまして。

私、カイジとかライアーゲームとか、ギャンブル(勝負事)系漫画が好きなのですが、パターンを確立したら、勝ててしまうから、FXの娯楽漫画って無いのかなあと思ったり。無いですよね? 投資家バトル漫画ってあるんでしょうか、もしあったら読んでみたいのでコメント下さい、すごく読んでみたいです。

統計発表をわかりやすくまとめて下さってるサイトさんで、「ザイ! FX」さんのサイトがあるのですが、↓

zai.diamond.jp

 

 

このザイ! FXさんのサイトには、FXバトルマンガがあるんですよね。

 

zai.diamond.jp

 

この「まりおくん」ですが、ロウソク足の伸び具合で「よし反転したっ!」と逆張りで入るトレーダーがでてきたりで、ハラハラドキドキできます。人間二人がそれぞれタブレット持ってチャート眺めてるだけっていう絵面なのに、つい盛り上がって続きを読んじゃうのがすごい漫画です。

この漫画に出てくる「勝ててるトレーダー」も淡々とやってるので、私も、この漫画みたいに、トレーダーバトルロワイヤルみたいな大会に参加させられたとしても、淡々とやれるトレーダーになりたいですね。

 

さて、週末は、手法の検証を行います。より多く、より確実にエントリーポイントを不安なくつかめるように、今週負けた場面を集めて、「負けた理由」を突き詰めてみます。そうですね、勝てるトレードは勝ちパターンだけでなく、負けパターンを避けられることにもありますね。また、検証を続けることは、ポジポジ病にもタジタジ病にも大事な処方箋ですから、続けねば。

来週もがんばりましょう。

6/13(2勝1敗) トレードポイント解説

6月13日のエントリーポイントを解説します。

f:id:ichihishi:20180614130358j:plain

 
昨日は、3分ロジックで1勝1敗、5分足ロジックで1勝でした。

FOMC前だったからでしょうか、値動きが激しく、値動きの乏しい中から急に動いたりと、緩急が激しい感じでポイントが掴みにくかったですね。そんな相場環境でもやれるのが短時間バイナリーやスキャルピングのいいところですけど。

1敗の後、エントリールールのブラッシュアップと検証をしていました。その一敗の仕方というか、「これは失敗パターンなのでは?」と気になったので。

成功パターンだけを集めていくのがロジックではなく、失敗パターンも蓄積して、回避できる負けはどんどん回避したいところです。現在のロジックにちょっとルールを追加、というか、更にわかりやすく改訂してみます。

学びになる、こういう負けは、あまり気持ちがへこまないですね。理由や原因がわからないものには不安になりますが、チャートの動きへの不安は、勉強や検証でパターンや理由に気づいて、解決できることが多いと、最近一層わかってきました。


失敗パターン回避のためのルールの追加は、つまりエントリー回数の減少も招いてしまいます。ただ、本当に勝てるロジックは、エントリーチャンスが多いことと勝率が反比例するなぁと、今の実践生活でも過去いろんな手法を試してきた中でも、感じてるので、チャンスがなかなか来ない局面では気もそぞろになりますが、焦らず慌てずやっていった方が、最後に勝ってたりするんですよね。

ポジポジ病をこじらせてた人間が言うんだから間違いない……バンバンエントリーできる人は度胸があるけれど、だいたいの場合マトモな勝算は無い。(自戒)

でも、今回のルール追加は、「エントリー回数を増やせるポイント」の可能性も発見したので、バランス(?)が良い感じです。この可能性に関しては検証を重ねていきます。

ご興味があればぜひ、ココナラかDLマーケットで見てみて下さいねー。ココナラなら直接、1対1で、質問にもいっぱいお答えできますしね。(宣伝)

 
今日も頑張っていきましょう。

6/12(4勝1敗) エントリーポイント解説

6月12日のエントリーポイントの解説をします。

f:id:ichihishi:20180613104010j:plain


昨日は、連続してエントリーポイントが来たため、効率よく勝てました。

一勝負に集中、もありますが、チャンスが連続することもよくありますので、最後の3分目には、勝ち負けだけではなく、次を狙うことも心がけます。

ちなみに、一回のチャンスが来たら、マウスをササッと動かしカチカチと、その1回に全力投球で5万とか10万×3エントリーとか4エントリーする方法は、今のところ取っておらず、あくまで1チャンスに1回エントリーでやっていこうと考えています。

(自分の資金状況とのバランスで、資金管理を考えると、一度に高額の掛け金を3玉も4玉も投入した方が、リスクが高くメリットが弱くなるため。FXだと分割決済ができるので、中長期トレードだとその手もありですが、バイナリーはせいぜい転売ぐらいしか逃げる・エントリー玉を管理することができません。私は転売もやらないですが)

ロットコントロール・資金計画をすることで、リスク管理ができていると思います。

 

全体としては、3分トレードで、3勝1敗、5分トレードで、1勝。

トータル4勝1敗、でした。勝率80%、悪くなかったです。

 
実際、ある程度の勝率で、トレードを計画的に続けていくのが大事だと思うので、目指すはトレードの回数(経験)をこなしていくことと、更なる勝率の安定です。資金計画の話では、勝率を意識しすぎでは、ということも書きましたが、もちろん上がるものなら、勝率は1%でもこだわって上げていくことも、大事だと思います。

昨日の一日4~5回やって、これだけの勝率というのは、かなり理想的です。やったね。今週は、頑張ってトレード時間も確保したいです。

 
今日も一日、頑張っていきましょう。